新着記事はこちらから
カテゴリー
犬関連

犬 フードアグレッシブ対処法

この記事は約5分で読めます。

Dog food aggressive

フードアグレッシブ(犬)ハウスでごはんをあげないで!

愛犬のフードアグレッシブに悩まれてる飼い主さんが非常に多いですね

なかにはフードを食べずにずっとそのフードを守ってる犬も居るようです

ペットショップにいるわんこ達

ケージや仕切られた枠の中に

ポンっとゴハン(餌)を入れられて

がむしゃらに食べる仔犬を良くみます

これ、オーナーさんが見つかり

新しいおうちに飼われ

ペットショップに居た時と同じくハウスの中にご飯を入れてあげて与える飼い主さんが多い

今直ぐハウスの外でご飯はあげるようにしましょう

ハウスは犬にとって安心出来る場所でなくてはならない

しかし、基本愛犬の物では無い

飼い主さんの管理下の元での

ハウスは安心出来る場所です

ご飯、フード、おやつ、歯磨きガム

そしてオモチャなど

全て愛犬の物では無い

オーナーさんの物!

そしてそれらを与えてくれるのは

オーナーさんの手から貰える物

と言うことを犬に認識させることが大事です

この事を愛犬に認識させて置かないと

フードアグレッシブを引き起こしてしまうのです

犬が大事な物を咥えて隠してみたり、

取り上げようとしたら唸ったり噛みつかれてしまったり

ハウスを掃除しようとしたら

同じく唸ったり咬みつこうとしたり

終いには飼い主さんがハウスに近づくだけで豹変するこになってしまいます

フードアグレッシブにならない仔犬のしつけ方

ならばこのフードアグレッシブにならない方法は

フードを取り上げる練習です

仔犬の頃ってどの子も食欲旺盛で

フードの匂いがしてくるとハウスの中で興奮状態になります

だからと言って直ぐにハウスの扉を開けるのでは無く

犬が落ち着いたらハウスから出します

吹っ飛んで出てくるようなら

またハウスへ戻すの繰り返し

落ち着きを取り戻しゆっくりとハウスから出て来れるようになったら

先ずはお座りをさせましょう

お座りが出来たらやっとご飯です

仔犬の頃はちょこんとお尻が付いたかな?

くらいであげて構いません

繰り返しをしているうちに長くお座りをし待てるコになっていきます

一度の食事を一気に与えてしまうのではなく

何度も何度も取り上げることをしながら与えます

フードアグレッシブにさせない対処法

このように落ち着きの無い優次郎ですが

毎回これを頑張りました 笑

懐かしいです😂

後ろでマイペースに食べる豪ちゃんも

可愛い😂

そして、犬の歯磨きガムや鹿の骨などを与えるときも同じです

ハウスの外で犬が要求をしていない時に与えます

お座りをさせ、落ち着いたらハイどうぞ

そして、がむしゃらに食べている時に取り上げる練習を何度も何度も繰り返します

この時、もしも愛犬が唸ったりしたら

取り上げて中止です

犬の手の届かないところへしまいましょう

フード(ご飯)に関しては仔犬の栄養などの問題もありますので途中で辞めるって訳にはいきませんが

その他のものに関しては飼い主さんが見て

良くない行動を取った場合は全て中止です

あ、フードも勿論唸ったり噛みついたりした時は取り上げて、また落ち着いたらあげてみて下さい

根気よく時間をかけてしつけてあげたコは決して成犬になってもフードアグレッシブになったりしません

仔犬の時期の食欲旺盛な頃が一番躾やすいです

時にはフードを一粒ずつフードボールに入れて食べさせるというのも有りです

早食い防止にもなりますし

そして、歯磨きガムなどは

飼い主さんが手に持ったまま与えてあげるのも一つの方法だと思います

必ず愛犬が夢中になっている時に終了します

飽きてきた頃では取り上げの練習にはなりません

成犬のフードアグレッシブの対処法

これね〜仔犬期にこのフードの取り上げる練習をしていなかったコは

成犬になると直すの本当に大変です

飼い主さんは怪我を覚悟で修正していかなきゃなりません

しかも放って置いた時期の倍の月日がかかります😅

まずは愛犬がコレなら絶対に喜ぶ!

と言うスペシャルご褒美を用意しましょう

基本、仔犬と同じ練習ですが

取り上げることが出来たらスペシャルご褒美です

その時良い子と褒めながら与え

また繰り返し

中には手で取り上げる事が出来なくても

咥えていたものを

スペシャルご褒美がチラついた事により

ポロンと落とす子も居ると思います

その瞬間

良い子と褒めながらスペシャルご褒美でもOKです

頂戴→良い子と同時にスペシャルご褒美

この繰り返しです

フードアグレッシブは直しておかないと

誤飲しそうな物を

口を開けさせ取ることが出来ずに

飲み込まれてしまいます

愛犬を思うならばこそ

絶対に修正しましょう

最後に

重複しますが

フードアグレッシブになってしまった愛犬は特に

オモチャやおやつ、歯磨きガムなどは

必ず手の届かない所に毎回しまいましょう

愛犬の物ではありません

全部飼い主さんオーナーさんの物であります。

★ブログCategory★
スポンサーリンク
チャウチャウの豪優blog
テキストのコピーはできません。